バリーズ大宮駅前店トップ
iPhone5シーズ&iPhoneSE修理

iPhone5シーズ
iPhoneSE修理

機種名
iPhone5 / iPhone5c / iPhone5s / iPhoneSE
世代
iPhone5: 第6世代
Phone5c / Phone5s: 第7世代
PhoneSE: --
販売開始
iPhone5: 2012年9月21日
Phone5c / Phone5s: 2013年9月20日
PhoneSE: 2016年3月31日
画面サイズ
4インチ
iOS
iPhone5: iOS6.0〜
Phone5c / Phone5s: iOS7.0〜
PhoneSE: iOS9.3〜
特徴

iPhone5

iPhoneにて初のLTE本格対応機種。 今のライトニングコネクターになったのもこの機種から。 iPhone5c/5s/SEとの見分け方、5はアルミニウムのフレーム、カラーバリエーションが2色に対し5cは5色のカラフルなスタイルでポリカーボネート製のフレーム。 5s/SEとの見分けで一番簡単なのはホームボタンです。 iPhone5は指紋認証に対応しておらずボタン中央に四角いマークが入っております。

iPhone5c

4インチRetinaディスプレイとA6プロセッサを搭載。 iPhone5c/5s/SEとの見分け方は5cの特徴でもあるグリーン、ブルー、イエロー、ピンク、ホワイトの5色のカラフルなバリエーションとポリカーボネート製のフレーム。 iPhone5cは指紋認証に対応しておらずボタン中央に四角いマークが入っております。

iPhone5s

5と同じくアルミニウムボディですが、カラーがシルバー、ゴールド、スペースグレーの3色展開に。 当時スマートフォン初のプロセッサA7が搭載され5と比較して役2倍の性能へ。 iPhone5/5c/SEとの見分け方、5、SEもアルミニウムのフレーム為、見た目で分かりにくい点もございますが、iPhone初の指紋認証が導入され、ホームボタンに四角いマークがないのが特徴。 また、SEとの見分けが一番難しいですがフレーム裏にSEと書いていなければ5sとなります。

iPhoneSE

日本人の手に合う操作性とスペックを兼ね備えiPhone6/6s以降に価格も抑え販売開始。 SEはspecialedition(特別)という意味合いを持たせるなどコンパクトサイズのモデルとしては最高傑作だと呼び名も高い。 iPhone5/5c/5s/との見分け方は5は5s共にアルミニウムのフレームなので、フレーム裏にSEと書いてある点が一番簡単な見分け方です。 また指紋認証搭載なので5/5cにはあるボタン中央に四角いマークがございません。

iPhone5シーズ
iPhoneSE修理料金表

※全ての表示価格は税抜きです。

※修理前に診断し、別途作業工賃がかかります。

※タッチ不良、液晶不良、水没した痕跡、オリジナルではないフロントパネル、液晶部パネル欠損などに該当するものは重度の診断になります。

※本体基盤破損など万が一復旧ができなかった場合も基本料金が発生致します。

iPhone修理や買取のご予約・お問い合わせはこちら